Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性

エンドポイントの管理ソリューション「Sophos Mobile」のオンプレミス版に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

同製品は、WindowsやmacOS、iOS、Androidなどを搭載した端末のセキュリティや管理機能を提供するソリューション。

今回あらたにサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)が可能となる「XML外部実体参照(XXE)」の脆弱性「CVE-2022-3980」が明らかとなったもの。

「同9.7.4」および以前のバージョンが影響を受ける。外部の研究者が発見し、同社へ報告したという。オンプレミス版に影響があり、「Sophos Central」については影響を受けない。

同社は、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティング。

脆弱性を修正した「同9.7.5」を用意しており、アップデートできない場合は、ホットフィクスを適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関連機関サイトに不正アクセス、CMSに不正プラグイン - 富山県立大
宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース