Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市

大阪市は、東住吉区役所において、課外学習塾の受講希望者に関する名簿を第三者へ誤ってメールで誤送信する事故が発生したことを明らかにした。

同市によれば、11月2日13時半ごろ、小学生対象の課外学習塾「学習塾なでしこ」事業の受講希望者名簿を、誤って関係ないメールアドレスに送信するミスがあったという。

職員が受託事業者の担当者2人にメールを送信する際、メーラーに表示された候補より宛先を選択したが、1人について類似したメールアドレスを誤って指定してしまったという。

誤送信したメールには、氏名、住所、電話番号など38件の個人情報が含まれており、送信後にメールアドレスを確認したところ、誤ったメールアドレスであることが判明した。

誤送信先にはメールを通じて名簿の削除を依頼しているが、11月15日の時点で連絡が取れない状況となっている。同市では対象となる児童の保護者に経緯を説明し、謝罪した。

(Security NEXT - 2022/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開