Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、9月に同社で観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。100Gbpsを超える規模の攻撃が発生し、同社において過去最大の転送量を記録したという。

同社がサービスやバックボーンを通じて対処したDDoS攻撃の状況を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃は414件で、前月の536件から122件減少した。1日あたりの平均攻撃件数は13.8件。1カ月を通して見ると、5件から15件の日が多いが、25件を超える日も複数見られた。

同月に観測された攻撃において、もっとも規模が大きかったのはDNSプロトコルを用いたリフレクション攻撃。約1576万ppsのパケットにより、約107.6Gbpsのトラフィックが発生した。転送量としては同社の観測開始以来、過去最大だったという。36万ppsのパケット、約2.6Gbpsだった前月を大きく上回っている。

もっとも長く継続したのは「SYNフラッド攻撃」で、3時間10分にわたって継続した。

20221101_ii_001.jpg
攻撃件数と最大トラフィックの推移(グラフ:IIJの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
政府委託事業の旧ドメインを第三者が取得 - 偽サイトで外部誘導
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「Zimbra」に複数の脆弱性 - 修正版をリリース
約2割が外部メディアの紛失や盗難を経験 - 台帳管理の未実施も