Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DDoS攻撃の観測件数が減少、一方で100Gbps超の攻撃も - IIJレポート

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、9月に同社で観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。100Gbpsを超える規模の攻撃が発生し、同社において過去最大の転送量を記録したという。

同社がサービスやバックボーンを通じて対処したDDoS攻撃の状況を取りまとめたもの。同月に観測した攻撃は414件で、前月の536件から122件減少した。1日あたりの平均攻撃件数は13.8件。1カ月を通して見ると、5件から15件の日が多いが、25件を超える日も複数見られた。

同月に観測された攻撃において、もっとも規模が大きかったのはDNSプロトコルを用いたリフレクション攻撃。約1576万ppsのパケットにより、約107.6Gbpsのトラフィックが発生した。転送量としては同社の観測開始以来、過去最大だったという。36万ppsのパケット、約2.6Gbpsだった前月を大きく上回っている。

もっとも長く継続したのは「SYNフラッド攻撃」で、3時間10分にわたって継続した。

20221101_ii_001.jpg
攻撃件数と最大トラフィックの推移(グラフ:IIJの発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2022/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応