Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード

めぶきフィナンシャルグループの子会社でクレジットカード事業を展開するめぶきカードは、顧客情報が記載された書類の紛失や誤廃棄が判明したことを明らかにした。

同社によれば、旧常陽クレジットが発行した「DCカード」の会員情報が記載された一部書類について、取り扱いの不備が判明したもの。

統合割賦枠算出対象会員一覧表やクレジットカード限度額変更受付票兼査定書。支払可能見込額の調査など行った際の内部資料などを紛失していることが判明した。いずれも対象件数はわかっていない、

これら書類には、氏名、住所、生年月日、クレジットカード番号、利用可能枠など記載されていた。保管期限が過ぎた書類を廃棄する際、一緒に廃棄した可能性が高いと同社は説明している。

また年収情報の届出書や収入を示す書類を誤廃棄していることが判明した。対象となる顧客は2776件としており、氏名、住所、生年月日、クレジットカード番号、年収などが含まれる。保管期限を経過した書類と誤り、廃棄したという。

顧客情報の不正利用などは確認されていない。同社では今回の問題を受け、文書管理ルールを見直し、廃棄時の二重チェックを徹底するなど再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2022/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃