Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店

文具や画材などの販売を手がける世界堂は、同社eコマースサイト「世界堂オンラインショップ」の登録会員に関する一部情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、8月19日に委託先が管理するサーバに対し、脆弱性を突く不正アクセスが行われたもの。

8月19日までに同サイトに登録した会員のメールアドレス最大18万6704件が流出した可能性があるという。氏名、生年月日、住所、電話番号、ログインパスワード、注文履歴の流出については否定している。

同日原因を特定し、サーバにおけるアクセス制御を強化するなどの対策を実施。対象となる会員には、9月26日より順次メールで案内を行っている。また個人情報保護委員会および警察に報告を行った。

(Security NEXT - 2022/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security