Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市

奈良県生駒市は、個人情報を含む特別児童扶養手当の認定書類を誤送付したことを明らかにした。

同市によれば、9月2日、こども総務課の職員が、特別児童扶養手当の認定に関する書類を、本来送付すべき人と同姓同名の別人に送付するミスがあったという。9月6日に書類を受け取り開封した人から連絡があり判明した。

認定書類には、氏名、住所、証書番号、手当月額、対象となる児童の氏名、等級、支払開始年月などが記載されていた。

職員が封筒の宛名書きをする際、住民基本台帳システムに表示された同姓同名の別人の住所を誤って記載してしまったという。発送時のダブルチェックでも、住所の誤りに気づかなかった。

職員が誤送付先を訪問して書類を回収。本来送付すべき人を訪問して謝罪し、書類を交付している。

(Security NEXT - 2022/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
2022年2Qのクレカ番号盗用被害、はじめて100億円を突破
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市