Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラファンで別人に商品や通知メールを配送

クリエイターのプロデュースなどを手がけるエイノバは、クラウドファンディング支援者への商品配送メールに別人の氏名を記載したり、誤った商品を発送するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、8月24日18時ごろ、クラウドファンディング「トイプーのぷう太郎ぬいぐるみ化プロジェクト」の支援者のうち696人に対し、誤った商品を配送するミスがあったという。

また配送業者より別の支援者に関する氏名や最寄りの配送センターがわかる情報を記載された「発送開始メール」が送信された。

メールの受信者からの指摘で問題が判明した。同社が作成、配送業者にわたした配送データに誤りがあったという。

同社では対象となる支援者に謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼。誤った配送した商品についてはすべて回収し、再発送するとしている。

(Security NEXT - 2022/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も
JupyterLabの機能拡張作成用テンプレートに脆弱性 - リポジトリに影響
イベント申込フォームで設定不備、個人情報が閲覧可能に - 多摩SDC
写真教室参加希望者宛のメールで誤送信 - 宮城県東北歴史博物館
2024年2Qの「JVN iPedia」登録は1463件 - NVDの公開遅延が影響
JPCERT/CCが感謝状 - 脆弱性悪用対応の「重要な模範事例」
WPプラグイン「WooCommerce Social Login」に複数の脆弱性
「Apache CloudStack」でSAML認証をバイパスされるおそれ