Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバに不正アクセス、基幹システムなどへも影響波及 - 木材資源リサイクル会社

木材のリサイクル処理を手がけるフルハシEPOは、同社サーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。基幹システムへも被害が拡大しており、一部業務にも影響が出ているという。

同社によれば、同社データセンターのサーバがサイバー攻撃を受けたことが9月3日早朝に判明したもの。サーバを停止し、ネットワークを遮断したものの、基幹システムや関連システムにも被害が広がり、一部業務に影響が出ている。

同社では復旧対応を進めるとともに、被害の範囲や対象となる情報の特定など全容解明に向けて調査しているが、時間を要すると説明。

現状確認されている被害の内容や脅迫の有無などについては明らかにしておらず、本誌の取材に対してもコメントを避けた。

(Security NEXT - 2022/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米親会社委託先にサイバー攻撃 - 希少疾患の製薬会社
未使用でも影響、7月修正の「IEゼロデイ脆弱性」 - 遅くとも5月に悪用
2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
アカウント管理システムに侵害の痕跡、個人情報が流出 - 伊藤忠丸紅鉄鋼子会社
Dockerエンジンの認証プラグインに脆弱性 - CVSSは最高値だが悪用可能性は低
「BIND 9」にアップデート - DoS脆弱性4件を修正
Chromeのアップデートが公開 - セキュリティ関連で24件の修正
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
特権アクセス管理製品「Symantec PAM」に複数脆弱性 - 「クリティカル」も