Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 12.5.6」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消

Appleは、同社スマートデバイス向けにセキュリティアップデート「iOS 12.5.6」を公開した。

今回のアップデートは、域外メモリへの書き込みにより、コードの実行が可能となる「WebKit」の脆弱性「CVE-2022-32894」を解消したもの。

同脆弱性に関しては悪用の報告があり、Appleではこれまでも現地時間8月17日に公開した「iOS 15.6.1」「iPadOS 15.6.1」にて修正を行っている。

また同脆弱性はmacOSにも影響があり、「macOS Monterey 12.5.1」や「macOS Big Sur」「macOS Catalina」向けに公開した「Safari 15.6.1」にて解消している。

(Security NEXT - 2022/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も