Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、ゼロデイ脆弱性を解消した「Safari 15.6.1」を公開

Appleは、「macOS Big Sur」「macOS Catalina」向けにブラウザのアップデート「Safari 15.6.1」を現地時間8月18日にリリースした。ゼロデイ脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、細工したウェブサイトを閲覧するとコードを実行されるおそれがある「WebKit」の脆弱性「CVE-2022-32893」を修正したもの。

同社は前日17日に「macOS Monterey 12.5.1」をリリースし、同脆弱性およびカーネルの脆弱性「CVE-2022-32894」を修正。いずれも悪用の報告があることを明らかにしていた。これら脆弱性は、macOSだけでなく「iOS」「iPadOS」なども影響を受ける。

(Security NEXT - 2022/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし