Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerDNS Recursor」の「protobuf」処理にサービス拒否の脆弱性

蘭PowerDNS.COMが提供するDNSキャッシュサーバ「PowerDNS Recursor」において、DNSクエリや応答内容を外部サーバに記録する機能にDoS攻撃が可能となる脆弱性が明らかとなった。

外部サーバにDNSメッセージを記録するために用いる「Protocol Buffers」の生成機能に脆弱性「CVE-2022-37428」が明らかとなったもの。

「protobuf」を生成する際のエラー処理に不備があり、細工したリクエストを処理するとサービス拒否を引き起こすおそれがある。

「protobuf」の機能を有効化しており、攻撃者よりアクセスが可能となっている場合に影響があり、重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。

同社は、現地時間8月23日に脆弱性を修正した「同4.7.2」「同4.6.3」「同4.5.10」をリリース。アップデートを実施するか、「protobuf」を無効化するなど対策を講じるよう呼びかけている。

脆弱性が判明したことを受けて、日本レジストリサービス(JPRS)からも利用者に対して注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2022/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも