Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PowerDNS Recursor」の「protobuf」処理にサービス拒否の脆弱性

蘭PowerDNS.COMが提供するDNSキャッシュサーバ「PowerDNS Recursor」において、DNSクエリや応答内容を外部サーバに記録する機能にDoS攻撃が可能となる脆弱性が明らかとなった。

外部サーバにDNSメッセージを記録するために用いる「Protocol Buffers」の生成機能に脆弱性「CVE-2022-37428」が明らかとなったもの。

「protobuf」を生成する際のエラー処理に不備があり、細工したリクエストを処理するとサービス拒否を引き起こすおそれがある。

「protobuf」の機能を有効化しており、攻撃者よりアクセスが可能となっている場合に影響があり、重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。

同社は、現地時間8月23日に脆弱性を修正した「同4.7.2」「同4.6.3」「同4.5.10」をリリース。アップデートを実施するか、「protobuf」を無効化するなど対策を講じるよう呼びかけている。

脆弱性が判明したことを受けて、日本レジストリサービス(JPRS)からも利用者に対して注意喚起が行われている。

(Security NEXT - 2022/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛