Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む法人文書ファイルが所在不明 - 島根大

島根大学は、個人情報が含まれる法人文書ファイルが所在不明になっていることを明らかにした。

同大によれば、7月25日、医学部学務課において法人文書ファイル管理簿の更新作業を実施する過程で、一部の法人文書ファイルを紛失していることが判明したもの。

所在がわからなくなっているのは、大学院教育課程編成の1991年度から2011年度および2013年度のファイルで推定22冊分におよぶという。これらのファイルには、対象年度に大学院医学系研究科に在籍していた大学院生の氏名、学生番号および教員の氏名など695人分の個人情報が含まれると見られる。

いずれも外部に持ち出す文書ではないという。同大では誤廃棄の可能性が高いとしつつも、引き続き探索している。対象となる大学院生には電話や書面を通じて連絡を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得