Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Pulse Connect Secure」に権限昇格の脆弱性

IvantiがPulse Secureブランドにて提供している「Pulse Connect Secure(PCS)」に管理者パスワードがハードコードされている脆弱性が明らかとなった。

管理ページのHTMLソースに管理者のパスワードが埋め込まれており、参照できる脆弱性「CVE-2021-44720」が明らかとなったもの。

読み取り権限しか与えられていない管理者が、パスワードを利用することで書き込み権限を取得することが可能となる。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」による共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.2」、重要度は「高(High)」と評価されている。

同脆弱性は「同9.1R12」より前のバージョンに存在するという。「同9.1R12」は、2021年8月5日にリリースされ、複数の脆弱性を修正しているが、同脆弱性に関する言及はなかった。「CVE-2021-44720」が採番されたのも同年12月となっている。

(Security NEXT - 2022/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
サポート詐欺への対応不備で長野県教委に行政指導 - 個情委
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収