Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exim」で深刻な脆弱性をサイレント修正 - 認知進まず未修正のディストロも

メール転送ソフト(MTA)である「Exim」に深刻な脆弱性が明らかとなった。最新版では修正済みだが、ひっそりと修正されたため認知が広がらず、未修正のままとなったディストリビューションも多いという。

「CVE-2022-37452」は、ホスト名の参照機能を利用するとヒープ領域においてバッファオーバーフローが生じる脆弱性。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」と評価されており、重要度は4段階中、もっとも高い「クリティカル(Critical)」。

またメモリ処理に起因する脆弱性「CVE-2022-37451」が明らかとなった。NISTによるCVSS基本値の評価は「7.5」、重要度は2番目に高い「高(High)」とレーティングされている。

「CVE-2022-37452」については、2021年9月にリリースされた「同4.95」、「CVE-2022-37451」は、2022年6月にリリースされた最新版にあたる「同4.96」にて修正済みだが、ともに8月に入ってからCVE番号が採番された。

(Security NEXT - 2022/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
個人情報含む書類を市サイトに誤掲載 - 尼崎市