Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Exim」で深刻な脆弱性をサイレント修正 - 認知進まず未修正のディストロも

メール転送ソフト(MTA)である「Exim」に深刻な脆弱性が明らかとなった。最新版では修正済みだが、ひっそりと修正されたため認知が広がらず、未修正のままとなったディストリビューションも多いという。

「CVE-2022-37452」は、ホスト名の参照機能を利用するとヒープ領域においてバッファオーバーフローが生じる脆弱性。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.8」と評価されており、重要度は4段階中、もっとも高い「クリティカル(Critical)」。

またメモリ処理に起因する脆弱性「CVE-2022-37451」が明らかとなった。NISTによるCVSS基本値の評価は「7.5」、重要度は2番目に高い「高(High)」とレーティングされている。

「CVE-2022-37452」については、2021年9月にリリースされた「同4.95」、「CVE-2022-37451」は、2022年6月にリリースされた最新版にあたる「同4.96」にて修正済みだが、ともに8月に入ってからCVE番号が採番された。

(Security NEXT - 2022/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開
メール本文に送信先メアドを誤って貼り付け送信 - 静岡県
イベント申込フォームで他申込者の個人情報を表示 - 水戸ホーリーホック