Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金

兵庫信用金庫は、御津支店において顧客情報が記載された書類の綴り1冊を紛失したことを明らかにした。誤廃棄の可能性が高いとしている。

同金庫によれば、所在がわからなくなっているのは「普通預金整理口編入明細表」。1976年度から2001年度までに整理口へ編入された口座情報1887件が記載されており、氏名、口座番号、編入金額、最終取引日、未記帳記録などが含まれる。

同金庫では、紛失した書類について、不要書類と一緒に廃棄した可能性があると説明。顧客情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
新生児訪問指導票などを誤廃棄か、再利用段ボールで保管 - 船橋市
中学校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 高槻市
廃棄する健診記録票が運搬中に転落、翌日回収 - 桐生市
高校で引出に入れた記録簿が所在不明に - 大阪府
霊園使用者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 岩見沢市
顧客情報記載の伝票綴1冊が所在不明 - 東春信金
小学校で結核健診問診票を紛失、整理が不十分で - 平塚市
USB紛失で町長ら減給、不正利用判明すれば再度処分を検討 - 佐久穂町
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所