Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で作業ミス、メール文中に別人の氏名を表示 - 福岡市

福岡市は、子ども習い事応援事業において送信するメールに別人の氏名を記載するミスがあったことを公表した。

同市によれば7月6日、電子クーポンの申し込みを行った53人に対し、委託先事業者より手続きの完了を通知するメールを送信する際、本文内に別人の氏名を記載したもの。メールアドレスをもとにリストより氏名を読み込む作業でミスがあったという。

7月7日、受信者からコールセンターに連絡があり判明。同市では、メールの受信者に対してメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。また誤って氏名が表示された関係者には、7月8日に謝罪の書面を送付したとしている。

(Security NEXT - 2022/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ