Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店

スマートフォンやゲーム機の買い取りなど行っているトゥインクルモバイルのサーバが不正アクセスを受け、顧客の個人情報が流出した可能性があることがわかった。

同ショップを運営する中龍によれば、サーバが不正アクセスを受け、同ショップのウェブサイトに会員登録していた顧客最大2110人分の個人情報が流出した可能性があることが判明したもの。

氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが対象で、一部では口座情報なども含まれるという。

すでに警察へ被害を相談しており、個人情報保護委員会へ報告を行った。同社では調査を継続しており、対象となる顧客には、メールおよび書面で報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校説明会の申込者宛メールで誤送信 - 大阪府
研修会の参加募集でメール誤送信、建設業者のメアド流出 - 大阪市
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる