Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県

三重県は、2020年度における公文書の管理状況について取りまとめた。公文書680件の誤廃棄があったという。

同県の公文書管理条例に基づき、管理状況について公表したもの。同県によれば、2020年4月1日から2021年3月31日までの1年間に4万3092件の公文書ファイルで保存期限を迎えたが、680件の誤廃棄が発生していた。

保存期限を迎えた公文書については、廃棄にあたり同県公文書等管理審査会の意見を聴く必要があるが、今回判明した680件のうち667件については、周知が不十分だったため、意見聴取前に廃棄したものだという。

同県では再発防止に向けて、関係機関における業務手順の見直し、職員への指導、適正管理の周知徹底などを実施しているという。

(Security NEXT - 2022/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんで不正なページが表示 - 手芸用品メーカー
企業承認者のメアド流出、システム不具合で - 案件紹介サービス
再委託先でメール誤送信、イベント参加者のメアド流出 - 香川県
不正アクセスを受け、不正なメール送信 - SOMPO HD傘下の開発会社
県立高でのメール誤送信、Outlookの「取消機能」で再発 - 三重県
「JBoss RichFaces」に対する脆弱性攻撃に注意喚起 - 米当局
ランサム被害、中小企業が6割弱 - 暗号化しない脅迫も
ネットバンク不正送金が前四半期の2倍超 - 過去最悪に
「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」が改訂
企業の健診結果を別企業へメールで誤送信 - 日大病院