Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局

東京都建設局と東京都道路整備保全公社は、イベントの応募者に関する個人情報を関係ない事業者へ誤ってメールで送信するミスがあったことを明らかにした。

6月15日に東京都道路整備保全公社のウェブサイトで、イベント「夢のみち2022 親子体験ツアー」の参加募集を行ったところ、関係ない事業者に対して応募者の個人情報を誤って送信していたもの。

ウェブサイトに応募フォームを設置したが、過去に業務を委託していた事業者のメールアドレスを送信先より削除していなかったという。応募者8組分の氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが送信された。

翌16日に誤送信先より連絡があり問題が判明した。メールの送信設定を修正するとともに、誤って送信されたメールが誤送信先において削除されたことを確認。対象となる応募者に対して経緯の説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研修会の案内メールで送信ミス - 神奈川県理学療法士会
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
公文書680件を誤廃棄、大半は審査会意見聴取前に - 三重県
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館