Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害で不審メール送信の踏み台に - 矢野経済研究所

矢野経済研究所は、従業員が使用するクラウドサービスのアカウントを乗っ取られ、悪意あるメールを送信するための踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、6月3日に従業員がフィッシングサイトで「Microsoft 365」のIDとパスワードが詐取されたもの。同月7日に同従業員のメールアカウントより不審なメールが複数の関係者へ送信されていることが判明した。

問題のメールでは、同社より送信されたかのような件名「Yano Research Institute - New market research material(Business Market Trend)//新市場調査資料(ビジネス市場動向)」を使用。また本文にはURLが記載されており、誘導先では「Microsoft 365」のIDとパスワードを詐取しようとしていた。

また同端末より社内外関係者の氏名、メールアドレス、件名などが外部に流出した可能性があるとしている。

同社は問題のアカウントについてパスワードを変更。事実関係について調査を進めるとともに、問題のメールを受け取った場合は、メールごと削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
中学校で生徒のテスト結果一覧を誤配布 - 柏市
結婚支援事業で会員個人情報を別人に誤送信 - 香川県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か