Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WP向けプラグイン「Modern Events Calendar Lite」に脆弱性 - 修正されるもWordPress.orgでの提供は中止に

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供している「Modern Events Calendar Lite」に脆弱性が明らかとなった。修正版はリリースされているが、WordPressの公式ディレクトリでの公開は中止されており、開発者のサイトより入手する必要がある。

同プラグインは、「WordPress」においてカレンダーの表示機能を提供するWebnus製のソフトウェア。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、格納型の「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2022-30533」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されると利用者のブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「5.4」。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの荒牧努氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同脆弱性は「同6.3.0」以降で修正されており、5月11日時点の最新版は「同6.5.6」となるが、WordPress.orgにおける公開は同日より中止されており、今後の公開予定もないという。最新版を入手するには、開発者から入手する必要がある。

(Security NEXT - 2022/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ