Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS Edge 102.0.1245.30」が公開 - 独自含む複数脆弱性を解消

マイクロソフトは、同社ブラウザの最新版「Microsoft Edge 102.0.1245.30」をリリースした。「Chromium」による修正とあわせて、独自に3件の脆弱性を修正したという。

今回のアップデートは、「Chromium 102.0.5005.61」をベースとしたもので、セキュリティに関する32件の問題を解決。さらに「Edge」独自に3件の脆弱性を解消した。緊急性が高いものは含まれていない。

具体的には、サンドボックスがエスケープされるおそれがある権限昇格の脆弱性「CVE-2022-30128」「CVE-2022-30127」を修正。いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.3」で重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングされている。

またなりすましの脆弱性「CVE-2022-26905」に対処した。CVSS基本値は「4.3」で重要度はもっとも低い「低(Low)」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2022/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に