Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も

CODE BLUE実行委員会は、10月に開催を予定しているセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2022」に向けて、講演者の募集や事前参加登録を開始した。

同イベントは、国内外で活躍するセキュリティ専門家が集う日本発のセキュリティカンファレンス。2022年は10月27日、28日にハイブリッド開催を予定している。

同イベントでは、セキュリティに関連する技術、法律や政策、サイバー犯罪対策など幅広いテーマを取り扱っており、開催に向けて講演者の募集を開始した。募集締切は8月15日。また早期に応募した場合に採択の結果をいち早く知らせる早期締切(7月15日)も設定している。

あわせて参加の事前登録も開始。オンラインチケット、リアル会場チケットを用意している。詳細は同イベントのページから。

(Security NEXT - 2022/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県