Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新

Adobe Systemsは、複数製品向けに脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリースした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせ、5製品に対してセキュリティアップデートをリリースしたもの。

「Adobe Framemaker」では、解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性や域外メモリの書き込みなど、3段階中もっとも重要度が高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性9件を含む10件の脆弱性を修正。

「Adobe InDesign」「Adobe InCopy」においても、それぞれ「クリティカル」とされる脆弱性3件に対応した。また「Adobe Character Animator」では、「クリティカル」とされる脆弱性1件、「Adobe ColdFusion」では、重要度が2番目に高い「重要(Important)」の脆弱性1件に対処している。

各製品向けにアップデートを用意しており、いずれも適用優先度は3段階中もっとも低い「3」とレーティング。任意のタイミングでアップデートを実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性