Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性

栃木県の名産品を取り扱う通信販売サイト「いいもの、あるよ!」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が外部に流出し、一部が不正利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営する宇都宮ケーブルテレビによれば、システムの脆弱性を突く不正アクセスがあり、決済アプリケーションを改ざんされたり、不正なファイルを設置されたもの。

2021年10月26日から11月18日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した975人が使用したクレジットカード情報1053件が外部に流出し、不正に利用された可能性がある。窃取された情報には、クレジットカードの名義、番号、有効期限のほか、セキュリティコードや3Dセキュアの認証情報が含まれる。

同社では、2021年11月に情報流出の可能性があることを確認。同サイトを停止し、外部事業者による調査を行っていた。

1月28日に調査が完了。2月7日に警察へ申告し、同月17日に個人情報保護委員会に報告した。対象となる顧客に対しては4月25日よりメールで説明と謝罪を行っている。

同サイトに関しては、不正アクセスが判明したシステムなどの使用を中止。2021年12月3日から異なる環境のサーバやシステムに切り替えて販売を再開。クレジットカード決済は再開しておらず、再開時期については未定としている。

(Security NEXT - 2022/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本