Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力

中国電力は、同社カスタマーセンターにおいて、クレジットカードの審査に用いる顧客情報が所在不明となっていることを明らかにした。

同社によれば、顧客が電気料金の支払いに使用するクレジットカード情報を変更した際、内容の審査に使用する資料の所在がわからなくなっているという。

4月13日に2021年分の資料を移設した際、広島カスタマーセンターエリアにおける2021年4月分、岡山カスタマーセンターエリアの2021年4月および5月分を紛失していることが判明した。

これら資料には、顧客1万3772人分のクレジットカードの名義、契約番号、カード会社、ブランド名などが記載されていた。ただし、クレジットカードの番号は含まれていないとしている。

同資料を保管していた同社広島カスタマーセンターの執務室は、オートロックによる施錠管理を行っており、入室は登録した従業員や業務委託先に限られ、監視カメラのデータからも資料を持ち出す様子は確認されなかったという。

同社では、事務所内で誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客に書面による謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2022/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
個人情報含む一部建物事前調査報告書が所在不明 - 新潟県
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町