Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GitLab」にアカウント奪取が可能となる脆弱性 - 早急に更新を

オープンソースのGitリポジトリ管理ソフトを提供するGitLabは、3月31日にアップデートを公開した。深刻な脆弱性を修正しており、早急に更新するよう求めるとともに、影響を受けるアカウントを特定するためのスクリプトなども提供している。

今回リリースした「同14.9.2」「同14.8.5」「同14.7.7」は、あわせてCVEベースで17件の脆弱性に対処したアップデート。重要なセキュリティ上の修正が含まれるとしてただちに適用するよう利用者に強く推奨している。

重要度を見ると、「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が1件、次に高い「高(High)」が2件、続く「中(Medium)」が9件、「低(Low)」が5件だった。

今回のアップデートにおいて特に注意が必要となる脆弱性は、「OAuth」「LDAP」「SAML」など、「OmniAuth」ベースで登録された際に静的パスワードが設定される「CVE-2022-1162」。

脆弱性を悪用されるとアカウントを乗っ取られるおそれがあり、重要度を「クリティカル(Critical)」、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアを「9.1」と評価している。

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応