Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 99」がリリースに、脆弱性11件を修正

Mozilla Foundationは、ブラウザの最新版となる「Firefox 99」をリリースした。複数の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、「リーダーモード」や「PDFビューア」「Linuxサンドボックス」の強化など行ったほか、11件の脆弱性に対処した。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に重要度が高い「高(High)」とされる脆弱性は3件。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」の脆弱性「CVE-2022-1097」をはじめ、域外メモリへの書き込み「CVE-2022-28281」、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2022-28289」を修正した。

さらに「中(Moderate)」とされる脆弱性5件や「低(Low)」とされる3件を修正している。

あわせて延長サポート版となる「Firefox ESR 91.8」をリリース。延長サポート版独自の修正となる「CVE-2022-1196」を含む8件の脆弱性に対処した。

「Firefox 99」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-1097
CVE-2022-24713
CVE-2022-28281
CVE-2022-28282
CVE-2022-28283
CVE-2022-28284
CVE-2022-28285
CVE-2022-28286
CVE-2022-28287
CVE-2022-28288
CVE-2022-28289

(Security NEXT - 2022/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正
Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性