Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先金融機関の関係者情報をメールで誤送信 - 資産運用会社

ピクテ投信投資顧問は、取引先金融機関の担当者に関する個人情報を含むメールを、取引先金融機関の本部へ誤って送信するミスがあったことを明らかにした。

同社によれば、取引先金融機関の担当者の氏名、会社名、役職名、会社住所など231件の情報を含むメールを、取引先金融機関13社の本部28先に誤って送信した。

社内のリスク管理部門が問題に気がつき、同社では誤送信先に対しメールの削除を依頼。また個人情報が流出した対象者には書面や電話で経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
ゲームイベントサイトに攻撃、出展者の掲載画像が消失
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市