Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特例貸付の申請書類など所在不明に - 江戸川区

江戸川区社会福祉協議会は、緊急小口資金や総合支援資金の特例貸付に関する申請書類一式が所在不明となっていることを明らかにした。

同協議会によれば、緊急小口資金5件や総合支援資金12件など、特例貸付に関する申請書類17人分が所在不明になっているもの。

申請書類には、借入申込書、借用書、収入減少状況に関する申立書、住民票、預金通帳の写し、本人確認書類などが含まれ、申請者の氏名や住所、電話番号、生年月日、勤務先名称と住所、月額所得、口座情報などが記載されている。

2月28日に申請者から支給日に関する問い合わせを受けたため、東京都社会福祉協議会に申請書類について確認したところ、届いていないことが判明した。

東京都社会福祉協議会へ送付する際、申請書類一式をレターパックにてポストに投函することとなっているが、配送状況を追跡番号により確認したところ、集荷記録がないことがわかった。

遺失物として届けがないか確認したが見つからず、対象となる申請者に謝罪を行った。あわせて紛失した申請書類の控えを東京都社会福祉協議会へファックスで送信。支給に向けた審査手続きを行っている。

(Security NEXT - 2022/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を