Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WPS Office for Windows」に脆弱性 - 管理者権限奪取のおそれ

KINGSOFTのオフィススイート製品「WPS Office for Windows」に脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

インストーラーによってWindowsサービスに登録される実行ファイルが配置されるディレクトリにおいて適切なアクセス制御が行われていない脆弱性「CVE-2022-25943」が判明したもの。

ディレクトリ内のファイルを改変されたり、任意のファイルを設置され、管理者権限を取得されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.8」と評価されている。

同脆弱性は、Mohammed Hadi氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターで調整を実施した。脆弱性は2021年8月6日にリリースされた「同11.2.0.10258」以降で修正済みだという。

(Security NEXT - 2022/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通
ファイルサーバへのサイバー攻撃、海外子会社経由で - 沖電気
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード