Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染で個人情報流出の可能性 - 保育施設運営会社

保育施設の運営を手がけるグローバルキッズは、施設で使用するパソコンがマルウェアに感染し、個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、施設のパソコンで受信したマルウェアメールの添付ファイルを開封したことでマルウェアに感染。

その後2月24日に、同社の従業員や取引先を装ったメールが社内や関係先へ送信されたことで、マルウェア感染とパソコン内に保存されている個人情報が流出した可能性があることが判明したという。

流出した可能性があるのは、児童とその保護者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど。同社では感染が疑われるパソコンをネットワークから遮断し、流出した可能性のある情報の特定作業を進めている。

(Security NEXT - 2022/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
未感染者にも及ぶ「Emotet」被害 - なりすまされ、約10万件のメール
クリプトマイナーの感染攻撃に「Spring4Shell」を悪用
Linuxに権限昇格につながる脆弱性群「Nimbuspwn」
新手の攻撃?と思いきや、被害組織のPPAPシステムが「Emotet」メールも暗号化
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
開くだけで感染、「Emotet」新手口 - 「アイコン偽装」でさらに拡張子を隠蔽
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー