Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染で個人情報流出の可能性 - 保育施設運営会社

保育施設の運営を手がけるグローバルキッズは、施設で使用するパソコンがマルウェアに感染し、個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、施設のパソコンで受信したマルウェアメールの添付ファイルを開封したことでマルウェアに感染。

その後2月24日に、同社の従業員や取引先を装ったメールが社内や関係先へ送信されたことで、マルウェア感染とパソコン内に保存されている個人情報が流出した可能性があることが判明したという。

流出した可能性があるのは、児童とその保護者の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど。同社では感染が疑われるパソコンをネットワークから遮断し、流出した可能性のある情報の特定作業を進めている。

(Security NEXT - 2022/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
取材や講演会依頼装う標的型攻撃 - 「コロナで中止」とつじつま合わせ
市立45校のサイト更新用アカウントが改ざん被害 - つくば市
まほろば工房のIP-PBX製品にRCE脆弱性 - アップデートの実施を
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
Windows経由でIoT機器に感染広げるボットネット - 標的は「Minecraft」
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを