Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティパッチを公開 - 脆弱性48件に対応

マイクロソフトは、2月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。48件の脆弱性に対処している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて月例セキュリティ更新プログラムをリリースしたもの。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Dynamics」「Hyper-V」「Power BI」「Microsoft Windows Codecs Library」「SQL Server」「Roaming Security Rights Management Services」「Azure Data Explorer」「Visual Studio Code」などに明らかとなった脆弱性を修正した。

CVEベースで48件の脆弱性に対応しており、最大重要度を見ると、いずれも4段階中、2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。重要度がもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、35件が「7.0」以上となるが、「9.0」以上と評価された脆弱性はなかった。

(Security NEXT - 2022/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アクセス制御ツール「Pomerium」に脆弱性 - アップデートを
Barracuda製メールセキュリティ製品に脆弱性 - すでに悪用も
「MS Edge」にアップデート - 「クリティカル」とされる脆弱性を解消
Samsung製スマホなどの既知脆弱性が攻撃の標的に - 米政府が注意喚起
オープンデータ公開基盤の「CKAN」に深刻な脆弱性
ワコム製タブレットのmacOS向けドライバインストーラーに脆弱性
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 過去の修正が不完全で
「NSX-T」にXSS脆弱性、アップデートがリリース
複数Apple製品が影響を受ける脆弱性 - 米政府が注意喚起
ウェブ開発フレームワーク「CodeIgniter4」にRCE脆弱性