Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告

Zohoが提供するエンドポイント管理ソリューション「Zoho ManageEngine Desktop Central」「同MSP」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2021-44757」が明らかとなったもの。悪用されると、リモートからサーバのデータを窃取されたり、任意のzipファイルを書きこまれるおそれがある。

同社のバグバウンティプログラムを通じて外部のセキュリティ研究者より報告を受け、明らかになったという。

両製品に関しては2021年12月に「CVE-2021-44515」を修正しており、悪用も確認されているが異なる脆弱性のため注意が必要。

同社では1月17日に脆弱性「CVE-2021-44757」へ対処したアップデート「同10.1.2137.9」をリリース。最新バージョンへ更新するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正