Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zohoの端末管理製品に深刻な脆弱性 - バグ報奨金制度通じて報告

Zohoが提供するエンドポイント管理ソリューション「Zoho ManageEngine Desktop Central」「同MSP」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートがリリースされている。

認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2021-44757」が明らかとなったもの。悪用されると、リモートからサーバのデータを窃取されたり、任意のzipファイルを書きこまれるおそれがある。

同社のバグバウンティプログラムを通じて外部のセキュリティ研究者より報告を受け、明らかになったという。

両製品に関しては2021年12月に「CVE-2021-44515」を修正しており、悪用も確認されているが異なる脆弱性のため注意が必要。

同社では1月17日に脆弱性「CVE-2021-44757」へ対処したアップデート「同10.1.2137.9」をリリース。最新バージョンへ更新するよう利用者に呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で