Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性

「VMware Workstation」「VMware Horizon Client for Windows」において、サービス拒否の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

両製品に含まれるコンポーネント「Cortado ThinPrint」の「TrueTypeフォント」を処理するパーサーにサービス拒否の脆弱性「CVE-2022-22938」が明らかとなったもの。非公開で同社に対して報告があり、判明した。

脆弱性を悪用されると仮想マシンやリモートデスクトップより、ホストマシンで実行されている「Thinprintサービス」でサービス拒否を引き起こすことが可能だという。

同社では脆弱性を4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「4.0」と評価されている。

同社では「VMware Workstation 16.2.2」および「Horizon Client 5.5.3」をリリース。利用者に対してアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で