Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性

「VMware Workstation」「VMware Horizon Client for Windows」において、サービス拒否の脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

両製品に含まれるコンポーネント「Cortado ThinPrint」の「TrueTypeフォント」を処理するパーサーにサービス拒否の脆弱性「CVE-2022-22938」が明らかとなったもの。非公開で同社に対して報告があり、判明した。

脆弱性を悪用されると仮想マシンやリモートデスクトップより、ホストマシンで実行されている「Thinprintサービス」でサービス拒否を引き起こすことが可能だという。

同社では脆弱性を4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティング。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「4.0」と評価されている。

同社では「VMware Workstation 16.2.2」および「Horizon Client 5.5.3」をリリース。利用者に対してアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
ベトナム拠点経由で攻撃、複数子会社とともにランサム被害 - タカミヤ
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導