Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月はEC関連フィッシングサイトが前月比1.5倍に

BBソフトサービスは、11月に同社製品を通じて把握したEC事業者を装うフィッシング詐欺サイトが、前月比1.5倍と大きく増加したことを明らかにした。

同社製品を通じて把握したフィッシングサイトの状況を取りまとめたもの。ECサイトをかたるフィッシングサイトは、10月に1260件だったが、11月は約1.5倍にあたる1868件へと跳ね上がったという。

5月以降、500件前後で推移していたが、9月に1453件と急増。同月以降、1カ月あたり1000件以上確認されており、特に11月は過去1年で最多となった。前年同月の542件と比べると3倍以上の件数となる。

11月にフィッシングで悪用されたブランドを見ると、前月から引き続き「Amazon」が全体の約26%を占めて最多だった。前月比126%と増加傾向にある。

2番目に悪用が多かったブランドは「au」で「三井住友カード」が続いた。「メルカリ」は4番目となるが、前月比274%と大幅な増加が観測されている。

20211228_bb_001.jpg

(Security NEXT - 2021/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市