Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

遺失物の関係帳票が所在不明、誤廃棄か - JR東海

JR東海は、個人情報を含む遺失物の関係帳票が、所在不明になっていることを明らかにした。遺失物管理に影響はないという。

同社によれば、JR豊橋駅において5月1日から6月30日の間に取り扱った遺失物の関係帳票が所在不明になっているもの。

遺失物に関する届け出を行った関係者が記入した記録簿や捜索依頼書、システムより出力した明細リストなどで、落し物をしたり、拾得した乗客など推定420人分の氏名、住所、電話番号など個人情報が記載されていた。

帳票は同社従業員のみ入退室が可能な倉庫で施錠保管しており、入退室時の記録も残すなど厳密に管理していると説明。社内ルールにおいて保管期限内にある帳票を、期間が終了した帳票と誤って一緒に廃棄した可能性があるとしている。

警察に対する遺失物の移管は問題なく行われており、遺失物管理に必要な情報もシステム内に保存されているため、業務に支障はないという。

(Security NEXT - 2021/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市
番組映像の記録媒体が所在不明に - テレビ大阪
高齢者在宅サービスセンターで携帯電話を一時紛失 - 港区
公共料金払込票を紛失、回収袋から落下か - デイリーヤマザキ
宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
調査業務の委託先が個人情報含む資料を紛失 - 国交省