Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市

横浜市南区役所において、マイナンバーカードの交付に関連する一部書類が所在不明となっている。誤って廃棄した可能性が高いという。

同市によれば、南区において2017年1月から3月にかけて交付したマイナンバーカードの交付関連書類1931人分が所在不明になっているもの。

具体的には、氏名、生年月日などが記載された予約表、カード受領者の氏名と住所を含む交付通知書、カード受領者の署名が記載された個人番号カード交付確認票、運転免許証や健康保険証など本人確認書類のコピーなどが含まれる。

また代理受理だった場合、交付通知書には電子証明書暗証番号が記載されていた。いずれもマイナンバーそのものの記載はないとしている。

交付関連書類は15年間の保存が定められており、戸籍課執務室内の書庫で1年間保管したのち、共用書庫で保存していた。10月8日にマイナンバーカードに関する問い合わせへ対応した際、共用書庫に見当たらず、紛失していることが判明した。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査