Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市

横浜市南区役所において、マイナンバーカードの交付に関連する一部書類が所在不明となっている。誤って廃棄した可能性が高いという。

同市によれば、南区において2017年1月から3月にかけて交付したマイナンバーカードの交付関連書類1931人分が所在不明になっているもの。

具体的には、氏名、生年月日などが記載された予約表、カード受領者の氏名と住所を含む交付通知書、カード受領者の署名が記載された個人番号カード交付確認票、運転免許証や健康保険証など本人確認書類のコピーなどが含まれる。

また代理受理だった場合、交付通知書には電子証明書暗証番号が記載されていた。いずれもマイナンバーそのものの記載はないとしている。

交付関連書類は15年間の保存が定められており、戸籍課執務室内の書庫で1年間保管したのち、共用書庫で保存していた。10月8日にマイナンバーカードに関する問い合わせへ対応した際、共用書庫に見当たらず、紛失していることが判明した。

(Security NEXT - 2021/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害