Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチを公開 - 「Emotet」「Trickbot」などが悪用したゼロデイ脆弱性を解消

マイクロソフトは、2021年最後となる月例セキュリティ更新プログラムを公開し、67件の脆弱性を解消した。「Emotet」「Trickbot」の感染活動ですでに悪用されているゼロデイ脆弱性の修正を実施している。

今回のアップデートでは、「Windows」における「Windows NTFS」「Windows印刷スプーラー」「リモートデスクトップクライアント」「Microsoft PowerShell」のほか、「Microsoft Office」「Microsoft Windows Codecs Library」「Microsoft Local Security Authority Server」「Azure Bot Framework SDK」「ASP.NET Core」「Visual Studio」など幅広い製品において脆弱性を修正している。

CVEベースで67件の脆弱性を修正。最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が7件。のこる60件は次に高い「重要(Important)」と評価されている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、54件が「7.0」以上とレーティングされており、「CVE-2021-43215」「CVE-2021-43899」「CVE-2021-43907」「CVE-2021-43905」「CVE-2021-43882」の5件は「9.0」以上とスコアリングされている。

脆弱性によって影響は異なるが、26件についてはリモートよりコードを実行されるおそれがある。さらに権限昇格の脆弱性21件、情報漏洩の脆弱性10件、なりすましの脆弱性7件に対処した。

(Security NEXT - 2021/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

博物館情報サイトが改ざん - 不正サイトへ誘導
米政府、悪用済み脆弱性リストに15件を追加
脆弱性を修正した「iOS 15.2.1」「iPadOS 15.2.1」を公開
消費者金融「プロミス」の利用者を狙ったフィッシングに注意
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
都営住宅の抽選番号通知ハガキが所在不明に - 東京都
サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
キングジムのパスワード管理端末に脆弱性 -利用中止を
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Adobe、複数製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性を修正