Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドレス通販サイトに不正アクセス - クレカやログイン情報流出の可能性

DRESS DESIGN WORKSは、ドレスなど衣料を扱う通信販売サイト「Tika」が不正アクセスを受け、顧客のログイン情報やクレジットカード情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、第三者のなりすましによる不正アクセスにより、決済アプリケーションを改ざんされたもの。2020年2月24日から2021年4月20日にかけて顧客8306人がサイト上より入力したクレジットカード情報が外部に流出し、不正に利用された可能性がある。

対象となるクレジットカード情報は9656件。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。決済時に登録済みのクレジットカード情報を用いた場合は影響を受けないとしている。

また対象期間中に同サイトへログインした顧客のメールアドレス、パスワード、生年月日についても流出した可能性があるという。

4月21日にシステム会社から情報流出の可能性について指摘があり問題が発覚。同社では5月19日にクレジットカード決済を停止。外部事業者による調査を進めていた。

9月29日に調査を終えており、同社では10月22日に警察へ被害を申告。10月27日に個人情報保護委員会へ報告した。対象となる顧客に対しては、12月6日より報告と謝罪のメールを送付。身に覚えのない請求に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査