Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導

フィッシング対策協議会は、DMMのユーザーを標的としたフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけた。

同協議会によれば、問題のメールは同社を装い「本人確認のお願い」といった件名で送信されているという。

メールの本文は、プライバシーポリシーの改定にともない本人確認が必要などと騙す内容で、24時間以内に実施しないとアカウントを停止するなどと不安を煽り、偽サイトへ誘導していた。

誘導先のフィッシングサイトでは、メールアドレスとパスワードにくわえて、クレジットカード情報を詐取。少なくとも6件のURLが悪用されていたことがわかっているが、いずれの偽サイトも「HTTPS」を利用している。

同協議会では11月17日の時点でフィッシングサイトの稼働を確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼した。

今後も類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
情報セキュマネ試験のネット実施に向けて実証試験 - IPA
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破