Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オレンジリボン運動の公式サイトが改ざん被害

児童虐待防止を訴える「オレンジリボン運動」の公式サイトがサイバー攻撃を受けたことがわかった。安全を確認しつつ順次復旧を進めている。

同運動を主催する児童虐待防止全国ネットワークによれば、11月11日14時ごろに攻撃を受けた可能性があることを把握。調査を行ったところ、サイトに不審なファイルが設置されていることが判明したもの。

サイトの公開を停止するとともに管理パスワードを変更。攻撃対象となったコンテンツマネジメントシステム(CMS)を閉鎖した。影響について調査を進めているという。

同団体では原因を特定したとしており、安全を確認しつつ順次復旧するとしており、当面の間は簡易版ウェブサイトで運用する予定。

またオリジナルグッズの販売サイトに関しては、外部サービスで運営しており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2021/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校教諭がSNSで生徒に試験を漏洩 - 「良い点を取らせてあげたかった」
顧客向けのメールで誤送信、メアドが流出 - フタバ図書
デジタル庁でメール誤送信、報道関係者のメアドが受信者間に流出
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
PayPal、一部アカウントで誤って出金処理 - 不正アクセスは否定
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開
「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足
子宮頸がん検診の勧奨ハガキを誤送付、名簿作成ミスで - 三浦市