Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、3製品向けにセキュリティアップデートをリリース

Adobe Systemsは、「Adobe Creative Cloud Desktop Application」をはじめ、同社3製品に対してセキュリティアップデートをリリースした。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて、セキュリティアップデートを公開したもの。

対象となるのは、「Adobe InCopy」「RoboHelp Server」「Adobe Creative Cloud Desktop Application」の3製品。「RoboHelp Server」に関してはWindows、「Adobe Creative Cloud Desktop Application」については、macOSのみ影響を受ける。

「Adobe InCopy」「RoboHelp Server」については、同社において重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性が含まれる。また「Adobe InCopy」と「Adobe Creative Cloud Desktop Application」では、「重要(Important)」とされる脆弱性に対処した。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると、「RoboHelp Server」に明らかとなった「パストラバーサル」の脆弱性「CVE-2021-42727」がもっとも高く「8.8」とレーティングされている。次に「Adobe InCopy」に明らかとなったメモリアクセスに関する脆弱性「CVE-2021-43015」が「7.8」で続いた。

いずれも脆弱性の悪用は確認されていない。適用優先度をいずれも「3」とレーティングしており、任意のタイミングで実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を
「Samba」に複数の脆弱性 - ドメインを乗っ取られるおそれも
複数のAtlassian製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性