Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員の健診結果通知票が所在不明 - 茨木市

大阪府茨木市は、同市職員の健康診断結果通知票の一部が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、定期健康診断の受診者のうち、産業医による就労判定が必要な56人分の結果通知票を、他職員とは異なる場所に保管していたところ、9月6日に保管場所から紛失していることが判明したもの。

所在不明となっている通知票には、56人分の身長や体重、BMI、血圧、視力などのほか、血液検査の結果や既往歴、内科診察、X線所見、安静時心電図など診断結果が含まれていた。

同市では対象となる職員に対し、事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
区立保育園で園児の写真含むメディアを紛失 - 港区
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
県立高校で個人情報含むタブレットが所在不明に - 愛知県