Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化

モバイル向けゲームを提供するKLabは、同社会員サービス「KLab ID」において「不正ログイン」の被害が確認されたことを明らかにした。同社は今回の問題を受けて2段階認証を必須化した。

同社によれば、10月24日1時ごろより第三者が会員になりすましてログインを試みる「不正ログイン」が行われたという。10月26日17時ごろ検知し、問題が判明した。

同月26日18時の時点で、アカウント2846件が第三者へログインを許した。メールアドレス、秘密の質問および回答、生年月日、性別のほか、連携するアプリの名称、連携アプリ内の情報などを取得されたおそれがある。

同社は、今回の不正ログインについて、同社以外で取得されたアカウント情報を用いた「パスワードリスト攻撃」の可能性が高いと説明。同社ではパスワードをソルトをくわえて生成したハッシュ値にて保存しており、同社経由の情報流出は確認されていないとしている。

同社では攻撃対象となったメールアドレス5762件のパスワードを変更。これまでもIDとパスワードにくわえて、確認コードを必要とする「2段階認証」の利用を呼びかけてきたが、今回の問題を受けてすべてのアカウントに対し、2段階認証を必須とする措置を実施し、10月26日23時ごろに対応を終えた。

不正ログインによる被害を防止するため、ユーザーに対して他社サービスとは異なるパスワードを設定し、ログイン通知を有効にするなど、対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英語検定試験「TOEIC」の申込サイトに大量のログイン試行
「ショップチャンネル」で不正ログイン注文 - 「後払い」を悪用
止まぬPWリスト攻撃 - 他所情報流出の影響で増加傾向も
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール