Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院

半田市立半田病院は、造影超音波検査のデータが保存された外付けハードディスクが所在不明となっていることを明らかにした。

同院によれば、超音波診断装置のバックアップに用いていた外付けハードディスクの所在がわからなくなっているもの。10月11日に職員がデータのバックアップを行おうとしたところ、紛失していることが判明した。

内部には2017年11月13日から2019年7月16日までに検査を行った造影超音波検査の動画データ243件が保存されていた。ローマ字表記の氏名、年齢、性別、患者ID、検査日時など患者156人分の個人情報が含まれる。

約1年前の2020年10月23日にワイヤーで固定されたハードディスクが確認されているが、以降の所在がわからないという。

同院では院内を探索するとともに関係者へ聞き取りを行ったが発見されず、警察へ届けた。対象となる患者に対して経緯を説明するとともに謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校において要二次検診者名簿が所在不明 - 川崎市
区立保育園で園児の写真含むメディアを紛失 - 港区
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
県立病院で新生児の写真含むメモリカードを紛失 - 新潟県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
保健所提供データに個人情報、加工前データの削除を失念 - 静岡市
県立高校で個人情報含むタブレットが所在不明に - 愛知県