Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明

「QVR」が稼働する「QNAP」の機器において、リモートよりコマンドを実行される脆弱性が明らかとなった。

コマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2021-34352」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると、リモートより任意のコマンドを実行されるおそれがあるという。

今回の脆弱性についてQNAPでは、サポートが終了した特定のデバイスが影響を受けると説明しているが、具体的なモデル名などは示していない。修正は「QVR5.1.5ビルド20210902」および以降のバージョンで行われたとしている。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを見ると、QNAPでは悪用にあたり高いユーザー権限が必要であるとして「7.2」と評価。一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、脆弱性の悪用に権限は必要ないとしており、「9.8」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2021/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ