Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス

オリンパスは、北南米の地域統括会社であるOlympus Corporation of the Americasのサーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。日本国内への影響はないとしている。

同社によれば、10月10日に米国、カナダ、中南米などを含む北南米地域を統括する同社において、サーバに対する攻撃を検知したもの。同社では影響を受けたシステムを停止し、対策チームを設置して詳しく調べている。サイバー攻撃の影響に関しては北南米地域のみに限定されるとし、国内への影響については否定した。

同社では、9月にもEMEA地域のグループ会社がサイバー攻撃を受け、詳細に関しては現在も調査を進めているが、今回あらたに別の攻撃を検出したものであり、これらを関連付ける証拠などは見つかっていないという。

個人情報が流出した痕跡も確認されていないが、流出した可能性も含め、引き続き影響範囲や原因などについて調査を進めていく。またサイバー攻撃を受けたことが判明したことを受けて、関連する取引先と連絡を取っている。

(Security NEXT - 2021/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
2021年3Qの「JVN iPedia」登録数は3202件 - 3期連続で増加
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に