Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス

オリンパスは、北南米の地域統括会社であるOlympus Corporation of the Americasのサーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。日本国内への影響はないとしている。

同社によれば、10月10日に米国、カナダ、中南米などを含む北南米地域を統括する同社において、サーバに対する攻撃を検知したもの。同社では影響を受けたシステムを停止し、対策チームを設置して詳しく調べている。サイバー攻撃の影響に関しては北南米地域のみに限定されるとし、国内への影響については否定した。

同社では、9月にもEMEA地域のグループ会社がサイバー攻撃を受け、詳細に関しては現在も調査を進めているが、今回あらたに別の攻撃を検出したものであり、これらを関連付ける証拠などは見つかっていないという。

個人情報が流出した痕跡も確認されていないが、流出した可能性も含め、引き続き影響範囲や原因などについて調査を進めていく。またサイバー攻撃を受けたことが判明したことを受けて、関連する取引先と連絡を取っている。

(Security NEXT - 2021/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
配布チラシに生活保護受給者の伝票が混入、共有複合機で - 生駒市
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に