Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VMware、「vRO」など複数製品の脆弱性を修正

VMwareは、「VMware vRealize Orchestrator」をはじめ、同社複数製品の脆弱性を公開し、アップデートをリリースした。

具体的には、「VMware vRealize Orchestrator」に関するオープンリダイレクトの脆弱性「CVE-2021-22036」を修正。

さらに「VMware vRealize Log Insight」におけるCSVインジェクションの脆弱性「CVE-2021-22035」や「VMware vRealize Operations」におけるサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2021-22033」に対処した。

脆弱性の重要度を見ると、「CVE-2021-22035」「CVE-2021-22036」は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアはいずれも「6.5」と評価されている。「CVE-2021-22033」は重要度がもっとも低い「低(Low)」でCVSS基本値は「2.7」。

同社は各製品に向けてアップデートをリリース。またあわせて影響を受ける「VMware Cloud Foundation」「vRealize Suite Lifecycle Manager」などに対しても一部準備中とされているが、修正を実施している。

(Security NEXT - 2021/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性