Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで

大阪府立高校において、生徒や保護者から受信した緊急連絡のメールが、一定操作により同校生徒より閲覧できる状態だったことがわかった。

大阪府によれば、同校では新型コロナウイルスの感染など、夜間や休日であっても緊急連絡が受けられるよう、2020年7月より緊急連絡メールを運用し、受信内容を複数教諭で共有していたが、閲覧権限の設定に誤りがあり、特定の操作を行うことで同校生徒であれば閲覧できる状態だったという。

2021年8月30日に保護者より指摘があり、同日設定を変更したが、それまでの間に送信されたメールにおいて、生徒や保護者など26人分のメールアドレスのほか、生徒の氏名や電話番号、新型コロナウイルス感染症に関する健康情報などメール本文の記載内容が閲覧できる状態だった。

同校では、個人情報が流出した保護者に対して電話で謝罪を行うとともに、同校生徒や保護者に向けて文書を配布。保護者説明会についても実施し、経緯を説明するとともに謝罪を行った。

(Security NEXT - 2021/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

駅舎見学会の応募者情報が流出、フォーム設定ミスで - 越前市
メール送信ミスで商品購入者情報が流出 - 革小物の小売業者
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区